ヘアコンタクトの特長|ヘアコンタクト・増毛・育毛・発毛ならプロピア Propia

体験予約やご相談・お問い合わせ

【平日】9:00~19:00【土日祝】9:00~18:00

TEL0120-300-969

ヘアコンタクトの特長

かつらからヘアコンタクトへ

現在かつらを着用するユーザーは推定80万人ともいわれています。

かつらは、毛髪、ベース、装着部材からなり、毛髪は人毛または人工毛、ベースはネットまたは特殊素材(人工皮膚)、装着部材にはピンで留めるストッパー、両面テープ、接着剤などが用いられ、これらの組み合わせで商品のバリエーションが生まれます。

かつらメーカーの努力にもかかわらず、従来のかつらはその構造上、見た目、使い勝手、QOL(Quality of Life)などの点で十分な顧客満足を得るソリューションとは必ずしもなり得ていません。見た目では、生え際の不自然さや、ヘアスタイルを自由に変えられ ないことなどから、周囲にかつらとわからせずに着けることが困難でした。強くひっぱるとはずれてしまう、脱毛のある部位のみに着けることができないなど、使い勝手の悪さも否めません。QOLの面では、入浴時に洗髪できない、着けたまま就寝できない、そして何よりも高温多湿の夏場などは汗でむれやすく、トイレに駆けこんではかつらをはずして頭皮をぬぐうなどしなければなりませんでした。

現在利用しているかつらや増毛サービスの満足度薄毛や脱毛症に悩む16歳~69歳の男女1648名を対象に、当社が実施したインターネット調査によると、現在、かつらや増毛サービスを利用されている方 は過半数(56%)にのぼりましたが、このうち、現在のかつらやサービスに満足している方は34%にとどまり、28%の方が「満足していない」と回答して います。
不満の内訳を見ると、購入・支払の料金、生え際の不自然さ、ヘアスタイルを柔軟に変えられないこと、ずれたりはずれたりする不安があること、などへの不満度が高くなっています。

こうしたかつらの課題の解決に努めたのが「ヘアコンタクト」です
コンタクトレンズが世の中に登場して以後も眼鏡愛用者が存在するように、長年愛用された方にはかつらのよさがあるでしょう。しかし、 コンタクトレンズが眼鏡ではないように、「ヘアコンタクト」はもはやかつらではなく、新しいカテゴリーが誕生したのです。


カツラとヘアコンタクトの相違点

    かつら ヘアコンタクト ヘアコンタクトフリー
機能性・特長 見た目の自然さ
  引っ張ってもはずれない ×
  ムレない ×
  そのまま洗髪できる ×
  そのまま就寝できる ×
  着脱できる ×
ヘアスタイル 自由自在な選択
  短髪 ×
使用範囲 頭頂部
  額の角 ×
  円形脱毛
  頭部のケガやヤケド
  まつ毛 × ×
  ひげ × ×
  体毛 ×

かつらとヘアコンタクトの比較

カツラの問題点     以前のメガネの問題点
  • 暑い、蒸れる、ずれる、外れる
    →使いづらい
  • バレると恥ずかしい
  • マイナスイメージが強い
  • 周りの人からの目が気になる
  • 内緒で使用する
  • 本当に困らないと使用しない
  • 女性に比べて男性は使用するのに抵抗がある
   
  • 重たい→使いづらい
  • 恥ずかしい
  • イメージが悪い
  • 周りの人からの目が気になる
  • 内緒で使用する
  • 本当に困らないと使用しない
  • 男性に比べて女性は使用するのに抵抗がある
商品革命     商品革命
ヘアコンタクト     コンタクトレンズ
  • 目立たない
  • 使用時に不便を感じない
  • 自然に増やせる
  • 周りの目が気にならない
市場に与えた影響
  • 男性の多くが使い始める
  • 使用することに抵抗感が少ない
  • 生え際など手軽に使用できる
  • 周りの目を気にせず使用できる
   
  • 目立たない、気付かれない
  • 使用時に不便を感じない
  • イメージが変わらない
  • 周りの目が気にならない
市場に与えた影響
  • 今まで使わなかった女性が使い始めた
  • 使用することに抵抗感が少ない
  • 少しの視力低下でも気軽に使える
  • 周りの目を気にせず使用できる

数十年前までメガネといえば黒縁で厚く重いガラスレンズのものしかありませんでした。

この当時は視力が非常に低く、生活したり仕事をする上で不自由を感じる人しか使用しませんでした。特に女性はメガネをかけることを極端に嫌い、内緒で使用している人も少なくありませんでした。

そんな時代を大きく変えたのが、コンタクトレンズの登場です。
コンタクトレンズが発売されると多くの人が殺到し、特に女性が大きな市場を作っていきました。

そこで、メガネ業界も今まで重たく使いづらいレンズを軽く扱いやすいものに変え、スタイリッシュなフレームやフレームの無いメガネが登場し、よりおしゃれになっていきました。そして今では、ファッションとしてメガネを使用する人もいます。
一方コンタクトレンズもハードでだけではなくソフトコンタクトレンズを開発、乱視矯正も行え、カラーコンタクトもできました。
その結果今は、目が悪いことは特にコンプレックスではなく、男女問わずメガネやコンタクトレンズを気楽に使用できるようになりました。カツラも同じで、今はまだ、本当に困った人しか使用しない特別なものです。そこで、毛髪商品としてコンタクトレンズのような位置づけを持ったものを開発することで、新たな市 場が作られていくのです。そして、多くの人たちが気軽に使用できるようになっていくと考えられます。事実ヘアコンタクトの発売によって、毛髪商品に関する 見方が変わってきました。今までかつらは使いたくなかったという方も「やってみようか」とご使用頂くようになっています。

ヘアスタイル集はこちら

無料体験予約やご相談・お問い合わせはお気軽にお電話下さい。

受付時間 平日 9:00~19:00  土日祝 9:00~18:00 (年末年始は除く)

男性のお客さま専用 0120-300-969女性のお客さま専用 0120-600-969ご予約はこちら資料請求はこちら
プログノ126EXシャンプー

「プログノ」は、プロピアが、独自の発想で
開発したヘアケアシリーズです。

特徴は、「プロテイン(保湿成分)配合」でありながら、「無臭」を実現したこと。

商品に関するお問い合わせ 0120-700-969
プログノ商品の購入はこちらから

このページのトップへ

  • facebook
  • twitter