ヘアコンタクトとは|ヘアコンタクト・増毛・育毛・発毛ならプロピア Propia

体験予約やご相談・お問い合わせ

【平日】9:00~19:00【土日祝】9:00~18:00

TEL0120-300-969

ヘアコンタクトとは

ヘアコンタクト

世界初登場。0.03mmの薄さで頭皮と一体化させる「ヘアコンタクト」
従来のカツラがメガネなら、これはコンタクトレンズです。

カツラの場合、サイドの髪などで支えて装着していましたが、「ヘアコンタクト」は、0.03mmの薄さで頭皮と一体化させる画期的な新方式。肉眼ではほとんど見分けのつかない自然な生え際が特長です。シャンプーもブラッシングもでき、見られてもさわられても全然平気。毎日のスタイリングも自由自在です。

ポイント1:地肌になじむ独自の浸透性皮膜

地肌になじむ独自の浸透性皮膜 特殊素材は半透明の透湿性新素材。反射して目立つこともありません。
最小0.5mm間隔で穴をあけても破れない強度と皮膚の角質層とおなじ薄さを実現したプロピアだけの技術です。この透湿性皮膜に人工毛を植え付けられるのはプロピアだけ。

従来、0.03mmの超極薄素材に髪を植えることは、今までのカツラ植毛技術では困難でした。 既存の針では、薄い素材を裂いてしまうため、プロピアでは、まず特殊な形状の針(特許申請中)の開発に成功。さらに超精密技術(ナノテクノロジー)を導入。大きさ、毛量、カラーを自由自在にコントロールできる超極薄素材への植毛をコンピューター制御で作るシステムを開発致しました。

このように日本の高度な技術と開発者の手によって、ヘアコンタクトの登場となりました。
これで、 植毛ではなく、自毛のまったく無い部分に好きなだけ増やすことが可能になり、生え際をいかしたヘアスタイルも問題ありません。

ポイント2:特殊吸着剤で地肌に密着。強く引っ張ってもはがれません。

特殊吸着剤で地肌に密着。強く引っ張ってもはがれません。

「ヘアコンタクト」は、安全性の確認された特殊な吸着剤(※)で密着。
だから 強く引っ張られてもはがれません。
時間がたつほど地肌になじんで肉眼ではほとんどわからない自然な印象に。はずす場合は専用のクレンジングスプレーで簡単に行えます。(今までのカツラのように使用時に、地肌または製品に接着剤や両面テープをつけるものではありません)
時間が経つと親和性が高まり、どんどん自然になります。
※頭皮に異状のある方はご使用になれません。

ポイント3:熱と汗を逃がす高い通気性。いやなムレやかゆみはありません。

熱と汗を逃がす高い通気性。いやなムレやかゆみはありません。長時間密着させて地肌への影響は?

「ヘアコンタクト」は汗や脂を吸収する特殊吸着剤と多孔性の特殊素材を使用することで体温や汗を放出させるため、ムレやかゆみはありません
風や温度を直接ハダで感じることができます。汗や脂を吸収しないような接着剤では長期間使用すると頭皮に影響を与える原因にもなりかねないため、衛生面も考えた素材を開発いたしました。

ポイント4:シャンプーも、ブラッシングも、ヘアカットも自由。

シャンプーも、ブラッシングも、ヘアカットも自由。 完全密着の「ヘアコンタクト」は、 水や強い力にも影響をうけないため、シャンプーやブラッシングも思いのまま

また、プロピアのヘアコンタクトは完全オーダーメイドシステム。世界でも画期的なハイテク以上のナノテクノロジーにより従来の商品ではできなかった、限りなく自然な状態を実現しましたので、いままで絶対にできなかった使用期間中での髪型の変更が可能になりました。 途中で形が変えられるだけでなく、スポーツ刈りなども可能です。

またカツラでは考えられない、徐々に髪を伸ばしていくヘアスタイルもできます。

類似品にご注意下さい類似品にご注意下さい

最近ヘアコンタクトと同様の商品が他社でも発売されているといった問い合わせを多く頂戴しておりますが、ヘアコンタクトはプロピア直営店又は右記のステッカーのある取扱・取次加盟店以外で購入することはできません。メイクアップ(ひげ)ヘアコンタクトに関しましては一部量販店などでも販売しています。

ヘアスタイル集はこちら

無料体験予約やご相談・お問い合わせはお気軽にお電話下さい。

受付時間 平日 9:00~19:00  土日祝 9:00~18:00 (年末年始は除く)

男性のお客さま専用 0120-300-969女性のお客さま専用 0120-600-969ご予約はこちら資料請求はこちら
プログノ126EXシャンプー

「プログノ」は、プロピアが、独自の発想で
開発したヘアケアシリーズです。

特徴は、「プロテイン(保湿成分)配合」でありながら、「無臭」を実現したこと。

商品に関するお問い合わせ 0120-700-969
プログノ商品の購入はこちらから

このページのトップへ

  • facebook
  • twitter